初めて女性とバーに行くときに読んでおくと後悔しない

お酒を飲むことを考えると、居酒屋やバーやビアガーデンを思い浮かべる人が多いと思いますが、最近は不景気の影響で、自宅で飲む人が非常に増えました。
缶ビールを買う方が、ジョッキを頼むよりも安上がりですし、カクテルを1杯飲むよりも、材料を買って何杯も飲めた方が経済的だからでしょう。
お酒のディスカウントショップもたくさんありますし、ネット通販でも手軽にまとめ買いもできます。また、人の目を気にしなくてもいい。
自由なスタイルで飲める。テレビを見ながら、VOD鑑賞をしながら、ネットをしながらでも飲める。材料の量を自分で調節できるので、より好みに近い味が作れる…など、宅呑みの魅力は様々にあるようです。

しかしたまには気分を変えて、お店でオシャレに楽しむのも素敵ですよ!

バーでお酒を飲むとき

せっかくオシャレなバーに行って、素敵なカクテルを飲んでいても、その場の雰囲気に似合った話題が出せなくて、結局居酒屋にいるような空気になってしまう…と思うことはありませんか?

バーをオシャレに楽しむコツは、基本的に2人で行くことです。
人数が多いと会話の統率を図るのが難しいですが、2人なら自在です。話題の提供が苦手なら、相手の話をしっかり聞くのも好印象ですし、2人きりなら気分も盛り上がるでしょう。相手の話をきき、「そうなの?」「そんなことはない」「●●なんじゃない?」「大丈夫だよ」などと、短めの相槌をゆっくりとした口調で話すと、どっしりと構えている男を演出できます。
内心どんなに焦っていても、言動には出さないように注意!

■男が飲んでかっこいいカクテルって?

例えば女性と一緒にバーへ行ったとき

彼女がバーに不慣れだった場合、男ならリードしてあげたいと思うものですよね。

女性のために注文してあげるなら、飲みやすいミモザ、カシスオレンジ、カルーアミルク、アップルショコラなどが定番ですが、さて自分は何を注文しようか悩むことも多いですよね。「まさかビール…というわけにはいかないよな?」と思う方は、ビアカクテルを注文してみましょう。
ビールにジンジャエールを加えた、<シャンデー・ガフ>なら、アルコール度数も弱く、じっくり話に集中することができますし、彼女に「それはなに?」と聞かれたときも、いかにもカクテルに詳しい感じで「シャンデー・ガフだよ。
ビアカクテル。飲んでみる?」と気取って言えます!
見た目的にビールらしくないものにしたいなら、カシスビア、ブラックベルベッド、ミントビアなどを注文してみてくださいね!
最近ではクラフトビールも人気がありますのでクラフトビールを頼んでもいいでしょう。クラフトビールギフトセットも人気です。
知っておきたいカクテル種類と作り方