白ワインのおすすめカクテルの種類と作り方

赤ワインと白ワインは色が違うだけだと思ったら大間違いです。
白ワインは赤ワインと違い、ぶどうの果肉部分を使用するため渋みがなく、黄色い液体は年月によって徐々に深みのある色合いへと変化していきます。
冷やさないで保管する赤ワインと違い、白ワインは冷温に冷やして飲んだほうがおいしいです。また渋みよりも酸味が強いため、肉料理よりは魚料理によくあうのも特徴です。また白ワインには辛口と甘口の2種類があります。

おすすめ白ワインカクテル

キール

白ワインにクレーム・ドーカシスを加えるだけのシンプルなカクテルで、食前酒として最も有名です。酸味の強い辛口ワインを使用した方がおいしく仕上がるようですね。

このキールをワインではなくシャンパーニュで作ると、キール・ロワイヤルになります。白ワインよりもシャンパーニュの方が価格が高いので、おもてなしのときや、特別な日に飲んでみてはいかがでしょうか。

スプリッツァー

白ワインにソーダを加えただけの簡単なカクテル。ほぼ半々の量で割るのでアルコール度数が低くなり、お酒に弱い方でもおいしくいただくことができます。

辛口ワインを使えばキリッとした味わいに。甘口ワインを使えばジュース感覚で飲むことができます。
例えばおしゃれなバーに来たものの、お酒はあまり強くないし、何を飲めば良いか分からない…という時に注文してみてください。
また、ソーダではなくビールで割ると、ピア・スプリッツァーになり、アルコール度数が少々高くなります。お酒好きな方はこちらをどうぞ。

オペレーター

白ワインにジンジャエールとレモンジュースを加えるカクテルです。白ワインとジンジャエールを半々の量で割るので、透明なカクテルになりますが、味わいはとてもフルーティで、さっぱりとした酸味もあるので、お風呂上りに気取って飲むと、かっこいいかも?

様々なフレッシュカクテル 白ワインは果物との相性がよく、色々なフルーツの果汁と組み合わせることで、簡単フレッシュカクテルに仕上げることができます。

例えば絞ったオレンジを加えたり、潰したキウイを加えたり、すったリンゴや、いちごなどを混ぜてもおいしいです。
フルーツは果汁が出やすいように、すったり、つぶしたり、絞ったりするだけなので、自宅に白ワインとフルーツさえあれば簡単に作ることができます。
余っているフルーツを使って、オリジナルのフレッシュカクテルに挑戦してみるのも面白いですね!