おせち料理の中の大好きなおかず

冬は色々なイベントが怒涛の勢いで押し寄せてくる季節ですよね。

クリスマス、大晦日、お正月とお休みをとっても色々忙しかったりしてお仕事をしているときより疲れてしまいそうです。 私が一番楽しみなのは、なんといってもお正月に食べられるおせち料理ですね! 毎年おせち料理を食べていますけど、家で作ることはないですね。ほとんどインターネット通販で注文したおせち料理です。色々なサイトのおせち料理を試してみましたけど、どれも美味しいと思いました。はじめはネットで買ったおせち料理なんて大したことないだろうなと思ってたんですけど、例えば「いくらの醤油漬け」なんてどれも同じだろうと思うでしょうけど、まずおせち料理ごとにその色が違っていて、お醤油の加減で味も違うんですよ。

子供が大好きな「栗金団」も甘さがそれぞれ違っていて、時折控えめな甘さだったり、これはデザートだな、と思うくらい甘かったりと、買ったおせち料理によって全く違くて驚かされました。去年は少し豪華なおせち料理を購入しましたけど、まさか「ロブスター」が丸々一匹入っているおせち料理があるとは思いませんでした。

おせち料理として味はしっかりしているのかと心配になりましたが

しっかり他の周りの品と味が調和されていたので

濃厚な海老の味を存分に楽しむことが出来ましたよ。定番の「伊達巻」も、甘さや触感が監修している有名な料理人の方によって違っていて面白かったです。これも、甘さが強いものはデザート感覚で摘んでました。伊達巻はうちでは人気の品の一つなので、そのおせち料理の伊達巻がなくなったらスーパーで市販されていた伊達巻を追加して食べるんですけど、やっぱり美味しいプロの伊達巻を食べた後だとスーパーの伊達巻じゃ満足できなくなっちゃいますね。どうしてあんなに触感が変わるんでしょうか。やっぱり焼き方とかに違いがあるんですかね?

私の中で味の違いが如実に出るのは「黒豆」です。まず、あれは調理した時の煮る時間が関係するのかもしれませんが、柔らかさや触感がおせち料理によって全然違いますし、煮て作るものですから当然味付けの違いも顕著に表れます。毎回違う味の黒豆に出会えて楽しいのですが、一度でいいから二つ、違うシェフが監修したおせち料理を買って、黒豆の味を食べ比べしてみたいです。おせち料理の楽しみ方って人それぞれだと思いますけど、私は毎年違うおせち料理を注文してその味の違いを吟味して楽しんでます。皆さんはどんなおせち料理の楽しみ方をしていますか? いろいろなおせち料理を注文して毎年食べ比べてみるのも面白いですよ。

知っておきたいカクテル種類と作り方